体験レポート - REPORT

体験バスツアー
2019年11月29日開催
県北バスツアーレポート

県北バスツアーでは、福島市・本宮市を中心に、起業支援を受けたチャレンジショップ卒業生等とのディスカッションをはじめ、地域に密着した事業者との交流、地域資源をいかした観光施設の視察などを踏まえ、参加者から見た地域の魅力や課題などを洗い出し、アイデアソンを実施しました。

 

●1日目:福島市 チェンバ大町のチャレンジショップを訪問

到着後すぐに訪れたのは「チェンバ大町」。施設の取り組みや、チャレンジショップ卒業生の活躍、今後の展望などを、ふくしまエフエムのパーソナリティー加藤漢太氏のナビゲートでディスカッション。その後は、福島の食材を用いたお弁当を堪能いただきました。

 

●2日目:大玉村 あだたらの里直売所・向山製作所大玉ベース店を視察

地元の特色ある商品などを販売している直売所で、あだたらの生乳を100パーセント使用した「あだたらのちち(株)」のソフトクリーム「きよみるく」を堪能。隣接している「生キャラメル」で有名な(株)向山製作所の大玉ベース店でのお買い物などもお楽しみいただきました。

 

●2日目:本宮市 農業法人 御稲(みいね)プライマル(株)を訪問

お米を独自のデータ分析で管理。安全、安心だけでなく品質にこだわっている農業法人を視察。後藤代表による講演と意見交換の他、味噌づくり体験や、お米をゆでる「チャーハン米」など料理専用のお米の試食。昼食は御稲プライマルさんの三五八や本宮名物の本宮烏骨鶏の卵など本宮の地元食材を楽しみました。参加者からは、美味しいという声が多く聞こえました。

 

●2日目:本宮市の観光地「花と歴史の郷 蛇の鼻」の視察

花の名所として知られ四季を通して鮮やかに咲き誇る花々や紅葉を楽しめる園内を散策。その後、園内にある国の登録有形文化財「蛇の鼻御殿」では、伊藤博文などの著名人の書や時代に名を残す画家たちに描かれた襖絵など貴重な作品を見学。

視察後は現状の課題なども含めて意見交換を行いました。。

 

●2日目:本宮市 コミュニティスペースを目指す「MARUCO Dormi」の視察

居住スペースと、地域のコミュニティスペースの両方の顔を持つ施設作りを目指している「MARUCO Dormi」の視察と、施設運営プロジェクトに参画されているメンバーの方達との交流。その後、ツアーで訪問した施設や交流した方々の話を基に、MARUCO Dormi施設運営メンバーの方も含めてアイデアソンを実施しました。

 

最後は、福島の食材を使った食事を楽しみながら懇親会を実施し、2日目終了となりました。

 

 

●3日目:MARUCO Dormiで「アイデアソン」を実施

最終日のアイデアソンでは、このツアーで訪問した施設や交流した方々の話を基に、参加者の視点で見た魅力や課題を真剣に考え、数多くのアイデアが出されました。

「実現可能か」などは一旦外して考えるという中で行われ、参加者から自由に様々な意見が出てくることで有意義な時間となりました。